居酒屋さんとは違う【モスコミュール】って?バーで飲む本物のカクテル!

cocktail
居酒屋さんとは違う【モスコミュール】って?バーで飲む本物のカクテル!
おはよーこ
おはよーこ

モスコミュールってどんなカクテル?

疑問
  • 何が入っているの?
  • モスコミュールの起源は?

バーテンダー歴25年のバーテンダー旦那に聞いてみました。

スポンサーリンク

モスコミュールってどんなカクテル?

居酒屋さんとは違う【モスコミュール】って?バーで飲む本物のカクテル!
バーテンダー旦那
バーテンダー旦那

モスコミュールはウォッカベースのロングドリンクです。

 

簡単にいうとウォッカのジンジャービアー割りにライムを絞った感じですね。

おはよーこ
おはよーこ

昔、居酒屋でよく飲んだわー。

バーテンダー旦那
バーテンダー旦那

確かに90年代居酒屋さんで一世を風靡したね。

 

歳バレるね…。

居酒屋さんのモスコミュールとバーのモスコミュールの違い

居酒屋さんとは違う【モスコミュール】って?バーで飲む本物のカクテル!
バーテンダー旦那
バーテンダー旦那

NBA(日本バーテンダー協会)のレシピをみてみましょう。

レシピ

【モスコー・ミュール】

  • ウォッカ 45ml
  • ライム・ジュース 15ml
  • ジンジャー・ビアー 適量

ウォッカとライム・ジュースを氷を入れたタンブラーに注ぎ、冷やしたジンジャー・ビアーを満たす。スライス・ライムを飾る。季節なら、ミントの葉を飾ってもいい。

引用:NBA新オフィシャル・カクテルブック

おはよーこ
おはよーこ

ジンジャービアーって何?

バーテンダー旦那
バーテンダー旦那

生姜、酒石酸、砂糖を混ぜたシロップを発酵させた炭酸飲料。

 

アルコールは入っていません。

 

ジンジャーエールより生姜フレーバーが強いですね。

おはよーこ
おはよーこ

ん?レシピをみるとウォッカもしっかり入ってるし、ジンジャービアーも結構大人の味って感じ。

 

昔、居酒屋さんで飲んでたのは甘くて飲みやすかったような…。

バーテンダー旦那
バーテンダー旦那

おそらく今思うとあのモスコミュールって、甲類焼酎にコーディアルライムジュース(ライムシロップ)を入れて、それをジンジャーエールで割ったものだったもではないかと。

おはよーこ
おはよーこ

それじゃあ全く、別物といってもいいくらいね。

バーテンダー旦那
バーテンダー旦那

グラスも違いますよ。

 

バーでは銅製のマグカップを使うことが多いんです。

おはよーこ
おはよーこ

それはなんで?

バーテンダー旦那
バーテンダー旦那

これにはちょっと面白いストーリーがあるんですよ。

モスコミュール誕生秘話

居酒屋さんとは違う【モスコミュール】って?バーで飲む本物のカクテル!
誕生秘話

1946年、ヒューブライン社の営業担当ジョン・マーチンは、大量のスミルノフ・ウォッカの在庫を抱え困っていた。

同じく、ハリウッドにあるバーCock’n’ Bullのバーテンダー ジャック・モーガンも、カクテル「ピムス・カップ」のために仕入れたジンジャービアーの不良在庫を大量に抱え困惑。

そこで両人は一計を案じた。

スミノフ・ウォッカとジンジャービアーを混ぜ、ライムジュースを加えてカクテルを作ってはどうかと。

その時、二人の共通の女友達も銅製のマグカップの在庫を抱えて悩んでいた。

それでは、そのカクテルをマグカップで提供しては?と彼女は窮余の策として思いつく。

そして、このカクテルをジョン・マーチンは大々的に宣伝。

販売促進で「モスコミュール・カクテル」を使ってキャンペーンを打つことを思いつき、まずは、ニューヨークのバーで「モスコミュール」を作ってもらい、お客に飲んでもらう、そのシーンをインスタントカメラで「パチリ」。

その撮った写真をもってアメリカ東部からバーをまわって、「ニューヨークでは、こんなカクテルが流行っているんだ」とふれこんだ。

するとたちまち人気が出てアメリカ全土で流行、スタンダードカクテルとしての地位を築く。

結果、1955年にはスミノフウォッカの販売量は60万ケースに達し、1961年には200万ケースの大台を達成、現在ではウオッカのナンバーワンブランドとして確立。

おはよーこ
おはよーこ

今のインスタ戦略みたい!

居酒屋さんとは違う【モスコミュール】って?バーで飲む本物のカクテル!
名前の由来

ちなみに、モスコミュールの語源は、モスコはモスクワ、ミュールとは動物のラバのこと。

ラバとは、牡のロバと雌の馬の間に生まれた、混血種の動物。

開拓期のアメリカでは、幌馬車の引き手として重宝され、後ろ足のキック力が強い動物とのことで、このカクテルも、ラバのキックのように強く酔いが回るためについたという説が一般的。

おはよーこ
おはよーこ

ほぇー、面白い!

 

じゃあ、ジンジャーエールじゃなくて、ジンジャビアーを使うこと、銅のマグカップで提供することってのがポイントね。

バーテンダー旦那
バーテンダー旦那

そうですね。

 

居酒屋さんのモスコミュールの影響で、軽くて甘い女の子の飲むカクテルなんて思われてることが多いですけど、実はそんなことないんですよ。

 

強さ的には、ハイボールやジントニックと同じくらいかな。

 

食前、食中、食後といつでも楽しめるオールデイカクテルです。

サムライミュール

居酒屋さんとは違う【モスコミュール】って?バーで飲む本物のカクテル!
バーテンダー旦那
バーテンダー旦那

うちではアレンジで、日本酒ベースのサムライミュールなんてのも作ってます。

おはよーこ
おはよーこ

へぇー、なんかお洒落。

バーテンダー旦那
バーテンダー旦那

ガーニッシュには、ライムウェッジの代わりに、紫蘇の葉とキュウリのスライスを添えてます。

 

シンプルなカクテルなので、いろいろアレンジしても面白いですよ。

おはよーこ
おはよーこ

よーし、銅のマグカップをゲットして家でも作ろう!

バーテンダー旦那
バーテンダー旦那

また家飲みする気満々ですやん…。

バーテンダー旦那の【バーの流儀】では、バー、カクテルに関するあらゆる質問を受け付けています。

↓ページ下部のコメント欄↓にお気軽にどうぞ!バーテンダー旦那がお答えします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました